第56回立教大学ホームカミングデー(HCD)出店が決定しました。

【2018年度 第56回立教大学ホームカミングデー(10月14日)】

本年度は広報委員会が主催となり、急ピッチで出店準備を進めています。


【ホームカミングデー概要】
毎年10月の日曜日に立教大学池袋キャンパスで開催される、
卒業生をメイン対象としたイベントです。
多くの大学で行われており、立教大学は今回第56回となります。
年々、趣向を凝らした催しが増えてきており、
その様子は下記のwebサイトにてご覧いただけます。
立教大学校友会第56回ホームカミングデー特設サイト

老若男女どなたでも楽しめるプログラムが満載で、
旧交を温める機会としているOBOGも多数いらっしゃいます。
本年度は10月14日(日)に実施されます。
(写真は昨年度ホームカミングデーの様子です)


【セントポール会出店の目的とプログラム】
来場者(昨年実績4,300人)に限らず、広く校友会、立教学院の
各関与者に社会保険労務士セントポール会を知ってもらうことです。
他大学OB会では、すでに先行して実施しています。
当会が提供するプログラムは、以下のとおり。
【無料相談会】労務、社会保険全般
私たち社労士の持ち味を前面に出し、他の出店者の娯楽系のものとは
一線を画すものとして企画中。街角相談会をイメージしていただくと
わかりやすいかと思います。
10:00~15:00のオープンマーケット開催時間中に実施します。


【会員の皆さまへのお願い】
物販などとは異なり、準備や運営に手間がかかることは明らかです。
別途、ご案内にて下記の募集をいたします。
1.相談員をしていただける方
2.受付、案内、誘導など運営スタッフをお引き受けいただける方
3.当日の参加はできないが、心の中で応援していただける方
フルタイムでなく、午前、午後、打ち上げ(飲み会)だけでもOKです。
ご家族連れも歓迎します。

第15回定例会が盛況裏に終焉しました。

去る6月2日(土)に第15回定例会(兼総会)を開催しました。

総会に続いて行われた特別研修会には、立教大学現役准教授が初登壇。
法学部の神吉知郁子先生をお迎えしました。
bravo!!!!
(^o^)//”””パチパチパチ・・・・

研修テーマは「企業内の不合理な待遇差解消に向けた職務評価のあり方」。
定員50人の本館(1号館)の教室が満席となりました。まさに鮨詰め状態。学生時代に講義で本館教室には入室したはず。さて、当時もこんなに隣席との距離が近く、熱気ムンムンだったかな?と記憶を辿りました。まぁ、男性会員の大半は二十歳ごろに比べて体が2倍くらいに膨れていますからね(笑)

前日の6月1日(金)にハマキョウレックス、長澤運輸両事件の最高裁判決が下り、タイムリーな話題として研修課題に盛り込んでいただきました。質疑応答時には多くの会員から挙手があり、法律と実務の差を考え討論する場としても有意義だったように思います。

神吉先生に当会は「紳士淑女の集まり」とおべんちゃらを言われてしまいましたね。

いやいや、それは先生の方でしょう。
あまりにもステキな先生で、ポーッとなってしまった会員も少なくないのでは?

続いての懇親会には、お残りいただいた神吉先生をはじめ、各大学OB会代表、立教士業会代表など、多くの来賓の皆さまにお越しいただきました。

今回も新入会員とお試し参加の方を迎えて、参加人数は過去最高だったのでは?いつもの懇親会場が窮屈に感じられました。でも、その分話に花が咲いたのではないでしょうか。

次回の会合は、年明けの第16回定例会(兼新年会)です。
その前に多くの会員が楽しみにしているホームカミングデー(10月)がありますね。

お誘い合わせのうえ、懐かしの池袋キャンパスでお会いしましょう!


◎新会員大募集中!
メニューの「お問い合わせ」にてお申し込みください。追ってご連絡いたします。

◆必要事項◆
・お名前:フルネームでお願いします。
・メールアドレス
・題名:「入会希望」
・メッセージ本文:以下をお知らせください。
1.学部学科、卒業年度
2.所属支部
3.種別(開業、法人会員、勤務他)
試験合格者で登録をしていない方は、2,3の記載は不要です。
院生、院卒、その他立教に縁のある皆様も歓迎します。

なお、入会に際しては、入会金1,000円および年会費5,000円(半期経過後の入会は半額の2,500円)をお振込みにて徴収させていただきます。入会検討(定例会にお試し参加)の方は、お試し参加後、入会をお決めの際にお振込みください。

※振込手数料は会員の皆様にてご負担いただいております。
※領収書の発行は原則として行いません。